国際ブランドって何?カードブランドと決済ブランドの違い?

国際ブランドは世界中の加盟店で使える


現金以外で買い物をする方法としてクレジットカードがあります。事前にカード会社に発行を依頼すると、審査をした上で利用が認められます。発行されると、いろいろなお店で買い物時に決済手段として使えます。この時国際ブランドと言われますが、それは世界的に使えるカードを差します。日本で買い物をするときに使えるだけでなく、欧米諸国、アジアやアフリカなどの新興国などでも使えるお店なら同じように使えます。主要国際カードとしてはいくつかありますが、主に欧米が発祥になっているカードで、日本や中国が発祥になっているものもあります。日本発祥のカードは、日本では非常に使いやすくなっていますが、海外だとやや加盟店が少ないとされています。


決済カードは決済サービスが充実している


クレジットカードは、世界で買い物をしたときに決済が可能です。つまりは支払いに使えます。ただ、決済方法が複数あり、カードによって対応しているものと対応していないものがあります。普通に支払う分には通常の決済で問題ありませんが、より自分に合った決済をしたいなら多くの決済方法に対応しているカードの方が良いと言えます。決済カードは、決済方法の種類が充実しているカードになります。それに対するカードとしてトラベルエンターテイメントカードがあります。決済方法は一般的な決済にとどめ、それ以外の海外旅行時、エンターテイメント利用での充実性を高めています。空港でのラウンジ利用や、各種予約の時により利用しやすいタイプになります。